Reuters logo
EU資本市場同盟構想、9つの優先項目を追加 英離脱踏まえ
2017年6月9日 / 03:08 / 5ヶ月前

EU資本市場同盟構想、9つの優先項目を追加 英離脱踏まえ

[ロンドン 8日 ロイター] - 欧州連合(EU)は8日、単一資本市場を構築する資本市場同盟(CMU)構想について、英国のEU離脱で域内最大の金融センターであるロンドンが域外となることを踏まえて追加した9つの優先項目を明らかにした。

欧州委員会のドムブロフスキス副委員長(ユーロ・社会対話担当)は、「EU最大の金融センターの離脱に直面する中、われわれはEU資本市場の一層の強化と統合に向けた取り組みを加速する」と表明。

欧州委は2015年に国境を越えた資本の移動を円滑にし、EU諸国の銀行融資への依存を低減させるためにCMU構想を発表。19年までに基礎を築くことを目標としていたが、早期に議会承認を得られる見込みだった資産担保証券市場の活性化などの項目でも進展は遅い。

欧州委は英国を除く27加盟国に向けたCMU構想の見直しの結果、9つの「優先項目」を追加。欧州証券市場監督機構(ESMA)の権限強化案や銀行による不良債権処理を促進する方策の検討が盛り込まれた。

ただ、カタイネン副委員長(雇用・成長・投資担当)は、CMU構想の成果が表れるには最大で10年を要する可能性があると指摘した。

欧州議会経済委員会のファーバー副委員長は今回の見直しはこれまで達成されていない項目を列挙したに過ぎない「失敗」だと批判。

「ブレグジット(英EU離脱)を勘案すると、効果的で効率的な欧州資本市場がかつてないほど重要になっている。数年ごとに計画を見直すよりも、欧州委には実際に一定の成果を出すことが求められている」と強調した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below