October 21, 2019 / 1:28 AM / a month ago

EUは財政規律緩めるべき─次期欧州委員=伊紙

 10月20日、欧州連合(EU)の欧州委員会で次期経済・金融担当に指名されているイタリアのパオロ・ジェンティローニ元首相(写真)は、イタリア紙「ソレ24オレ」への寄稿で、欧州連合(EU)は財政規律を緩めるとともに、財政ルールの見直しが必要だとの考えを示した。昨年3月にブリュッセルで撮影(2019年 ロイター/Francois Lenoir)

[ローマ 20日 ロイター] - 欧州連合(EU)の欧州委員会で次期経済・金融担当に指名されているイタリアのパオロ・ジェンティローニ元首相は、イタリア紙「ソレ24オレ」への寄稿で、欧州連合(EU)は財政規律を緩めるとともに、財政ルールの見直しが必要だとの考えを示した。

同氏は、EUの財政ルールは順守すべきだが、ルールの「見直しと改定」が必要だと主張。「それほど厳格でない財政政策の下で、財政的に余裕がある国は、それを活用する時だ」と強調した。

EU経済が減速するなか、「長引く低成長がもたらすリスクを見落とすべきでない」とし、景気支援を金融政策のみに委ねるべきでないとの考えを示した。

ジェンティローニ氏は、11月1日に欧州委員会の経済・金融担当委員に就任後、イタリアの2020年の予算案を審査するという重要な役割を担う。

前週に欧州委員会へ提出されたイタリアの予算案では、2020年の景気変動の影響を除く構造的赤字の対GDP比率が0.1%上昇した。これまでは0.6%の削減が目標に掲げられていた。

欧州委員会のドンブロウスキス副委員長は18日、ロイターの取材に対し、予算案に関してイタリアに明確な説明を求めると語った。

イタリアの予算案はEUの財政ルールを軽視しているとも受け取れるが、欧州委員会は、イタリア前政権時代にあったような対立を避けるため、同国に対してより寛大な姿勢を取るとアナリストは予想している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below