Reuters logo
EU当局、車部品カルテルで日本の3社に罰金命令へ=関係筋
2016年1月25日 / 23:03 / 2年後

EU当局、車部品カルテルで日本の3社に罰金命令へ=関係筋

[ブリュッセル 25日 ロイター] - 欧州連合(EU)の反トラスト当局は、始動モーターや加速器モジュールの価格カルテルを結んだとして、自動車部品メーカー大手のデンソー (6902.T)、三菱電機(6503.T)、日立製作所(6501.T)に対し、罰金の支払いを命じる見通し。関係者2人が25日、ロイターに明らかにした。

1月25日、EUの反トラスト当局は、始動モーターや加速器モジュールの価格カルテルを結んだとして、デンソー、三菱電機、日立製作所に罰金の支払いを命じる見通し。ブリュッセルのEU委員会本部で12日撮影(2016年 ロイター/FRANCOIS LENOIR)

問題とされているのは、部品メーカーが自動車メーカーに供給する新しい部品の価格を高めに維持し、ディーラーや修理店に供給する交換用部品の価格をさらに高く設定するビジネスモデル。

3社の中にカルテルを通報した企業が含まれるかどうかは不明。EU当局にカルテルを通報した企業は制裁を免れる。

罰金額は最大で世界売上高の10%に設定される可能性がある。

EUの執行機関である欧州委員会の報道官はコメントを拒否した。

デンソーの広報担当者は「調査についてコメントする立場にない」と述べ、日立と三菱電機の担当者からはコメントを得られていない。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below