December 21, 2017 / 10:30 AM / 6 months ago

欧州委、中国製電動自転車をダンピングの疑いで調査

[ブリュッセル 21日 ロイター] - 欧州委員会は21日、中国製の電動自転車に対する反ダンピング調査を開始した。中国の輸出業者は、太陽光パネルから鉄鋼までさまざまな製品で欧州連合(EU)の調査を受けており、欧州との摩擦が拡大している。

欧州自転車製造者協会(EBMA)は11月に苦情を申し立てた。補助は、国有銀行による優先的融資、助成金、輸出信用、優遇税制や、過度に低価格での土地や原材料供給など、さまざまな形態で手当てされているという。

同協会によると、2016年にEU内で43万台の中国製電動自転車が販売され、前の年に比べ40%増加した。17年には80万台に増える見通しだという。

欧州では年間2000万台程度の自転車が販売されており、このうち約10%が電動。この比率は5年以内に25%まで上昇する可能性がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below