December 19, 2018 / 4:47 AM / 3 months ago

EU、中国製電動自転車に輸入関税適用=関係筋

 12月18日、欧州連合(EU)筋によると、EU加盟国政府は、中国製の電動自転車に対して反ダンピング(不当廉売)関税と相殺関税を適用することを決定した。写真は電動自転車に乗る人。北京で2015年12月に撮影(2018年 ロイター/Aly Song)

[ブリュッセル 18日 ロイター] - 欧州連合(EU)筋によると、EU加盟国政府は18日、中国製の電動自転車に対して反ダンピング(不当廉売)関税と相殺関税を適用することを決定した。

欧州委員会は、中国製のすべての電動自転車に対して、18.8─79.3%の関税を適用する最終案を提示していた。

EUは米国とは異なり、中国との貿易戦争には突入していないが、ソーラーパネル、鉄鋼製品など様々な中国製品に輸入関税を適用している。中国政府はEUの措置に強く反発している。

中国製の電動自転車については、すでに今年7月に暫定的に関税が適用されている。

今回決まった最終的な関税措置は、通常5年間継続する。

中国に工場がある台湾の自転車大手、巨大機械工業(ジャイアント)(9921.TW)の製品には24.8%の関税を課す。

欧州委によると、中国製電動自転車のEU向け輸出は、2014年から2017年9月にかけて3倍以上に増加した。市場シェアは35%に上昇、平均価格は11%下がっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below