November 19, 2018 / 3:04 AM / a month ago

欧州委、中国製電気自転車の最終関税措置を提案へ 最大79.3%

[ブリュッセル 16日 ロイター] - 欧州連合(EU)の欧州委員会は、中国製の電気自転車が不当に安くEUに輸出されているとして、輸入抑制に向けた最終的な関税措置を提案する。

欧州の自転車メーカーは、中国製品が不公正な補助金の恩恵を受け、EU市場に大量流入しているとの見方を示している。

ロイターが確認した「開示文書」によると、欧州委は最終関税率を18.8─79.3%とする方針。世界有数の自転車大手で、中国やオランダに工場を有する台湾のジャイアント(巨大機械工業)(9921.TW)にも、24.8%の関税率を適用するとしている。

今回提案された最終関税率は、7月に設定された暫定関税率(21.8─83.6%)を若干下回る水準。

EUは太陽光パネルから鋼材まで幅広い中国製品に関税措置を発動し、中国当局の厳しい批判を招いている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below