August 24, 2018 / 10:22 AM / a month ago

EU、中国製太陽光パネルの輸入制限措置を9月に廃止へ

[ブリュッセル 24日 ロイター] - 欧州連合(EU)は、中国製の太陽光パネルやセルに課している輸入制限措置について、9月に廃止する方向となった。事情に詳しいEU筋によると、EU加盟国28カ国のうちの過半数から賛同を得たという。

EUは2013年、中国製の太陽光パネル、ウエハー、セルに対して、反ダンピング(不当廉売)・反補助金措置を適用。2017年3月に、これらの措置を18カ月延長することを決定した。

EUは、EU域内の製造業者と、太陽光発電のコスト抑制を求める輸入業者や設置業者との間で、難しい対応を迫られた。EUが中国製太陽光パネルに輸入制限措置をかけた2013年当時に、EUと中国との関係が急激に悪化した経緯があり、延長の可否判断が注目されていた。

欧州の太陽光パネルメーカーの業界団体「EUプロサン」は輸入制限廃止を批判。一部企業は欧州司法裁への提訴を検討しているという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below