June 22, 2020 / 5:20 PM / 16 days ago

EU、香港安全法成立なら「多大な負の結果」 中国に再考促す

[ブリュッセル 22日 ロイター] - 欧州連合(EU)と中国は22日、テレビ会議形式による首脳会談を開催した。EUは中国が約束した経済開放を実現するよう求めるとともに、香港への統制を強める「香港国家安全法」が成立すれば「多大な負の結果」を招くことになると警告した。

フォンデアライエン欧州委員長は会見で「EUと中国の関係は戦略上、極めて重要であるとともに、大変難しい問題も抱えている」とし、中国はパートナーでありライバルでもあると強調。その上で、中国は欧州企業に対する一段の門戸開放や合弁事業の情報共有に絡む規制の撤廃といった2019年の取り決めを果たしていないと指摘した。

李克強首相は国営メディアを通じて、EUは中国にとって競合相手である以上に協力相手であり、新型コロナウイルスのワクチンや治療を巡って協力を深める用意があると表明。さらにEUが対中輸出規制を緩和するよう期待していると述べた。

香港安全法制を巡って、フォンデアライエン氏は懸念の意を示すとともに「中国が安全法制を推し進めるのであれば、多大な負の結果を招きかねないと伝えた」と明らかにした。ただ具体的な対応については触れなかった。また「この問題は主要7カ国(G7)とも連携している。われわれの立場は非常に明確であり、中国側に再考を促した」とした。

中国政府は20日、香港安全法制の基本となる「香港国家安全維持法案」の詳細を発表。法案には香港の治安維持のための全面的な強権発動や、行政長官をトップに据えた「国家安全維持委員会」の新設などが盛り込まれており、西側諸国では香港の高度な自治を保障した「一国二制度」が崩壊しかねないとの危機感が強まっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below