November 12, 2019 / 2:52 AM / a month ago

化石燃料事業への融資撤廃の戦い、勝利宣言は尚早=EIB総裁

 11月11日、欧州投資銀行(EIB)のホイヤー総裁は記者会見で、化石燃料事業への融資を終わらせる戦いにおいて勝利宣言をするには時期尚早との認識を示した。写真はホイヤー氏。2018年7月18日、ベルギーのブリュッセルで撮影(2019年 ロイター/Yves Herman)

[ルクセンブルク 11日 ロイター] - 欧州投資銀行(EIB)のホイヤー総裁は11日の記者会見で、化石燃料事業への融資を終わらせる戦いにおいて勝利宣言をするには時期尚早との認識を示した。8日の欧州連合(EU)財務相理事会では、一部が取りやめを支持した。

総裁は、EU各国政府の間で意見が分かれており、まだ最終判断は行われていないと述べた。財務相理事会において、天然ガス、石油、石炭事業へのEIBの融資を段階的に撤廃するとの提案に対する支持があるのは異例だ。

EIBは2021年から、化石燃料事業への融資停止を検討している。こうした事業への融資は13年以降で約20億ユーロ(22億ドル)に達しており、大半がガス・インフラ事業に投じられている。

ホイヤー総裁は、先週末の理事会で気候変動問題を協議したのは「非常に短い時間」とし、「今週14日のEIB理事会での協議が待たれている」と話した。

EIB理事会はEU加盟28カ国の高官で構成されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below