Reuters logo
EU、加盟国にパリ協定の早期批准を要請 時期は依然不透明
2016年6月12日 / 22:41 / 1年後

EU、加盟国にパリ協定の早期批准を要請 時期は依然不透明

[ブリュッセル 12日 ロイター] - 欧州連合(EU)は10日、加盟28カ国に対し、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の批准を加速するよう要請した。世界の温室効果ガス排出の約10%を占めるEUは、排出量削減に向けた取り組みを主導することを望んでいる。

アリアスカニェテ欧州委員(気候変動・エネルギー担当)は声明で、「パリの機運と精神を維持し、早期批准を確かにする決意だ」と強調した。

ただ、批准手続きをめぐる時期的な見通しは依然として不透明だ。欧州ではEUレベルと各国レベルで批准する必要があり、忍耐を要するプロセスが待ち構える。EU各国環境相は20日の会合で、EUの批准手続きについて協議する。

パリ協定が発効するには、合計排出量が世界の55%を占める少なくとも55カ国の批准が必要。専門家の一部は、インド、中国、米国が今年の批准を目指していることから、2017年には協定が発効すると予想している。EUではハンガリーのみが批准。フランスは来週15日の批准を目指しており、批准すれば主要先進国で初となる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below