for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州委、携帯充電器の域内共通化に向けた法案提出へ=関係筋

欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会が携帯電話など電子デバイスで用いられる充電器の域内共通化に向けた法案を来月提出することが、事情に詳しい関係者の話で分かった。写真は2012年9月撮影(2021年 ロイター/Eduardo Munoz)

[ブリュッセル 12日 ロイター] - 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会が携帯電話など電子デバイスで用いられる充電器の域内共通化に向けた法案を来月提出することが、事情に詳しい関係者の話で分かった。

関係者によると、欧州委は現在法案を策定中。詳細は明らかにされていない。欧州議会の議員は昨年、環境面でのメリットやユーザーの利便性を理由に充電器の共通化に圧倒的多数で賛成した。

欧州委が2019年に実施した調査によると、18年に域内で携帯電話とともに販売された充電器のうち、半数が「マイクロUSBタイプB」コネクタ、29%が「USBタイプC」コネクタ、21%が「ライトニング」コネクタが使用されていた。

米アップルは、EU主導の充電器共通化はイノベーションを阻害する上、消費者が新たな充電器への切り替えを余儀なくされれば、電子デバイスの廃棄につながると警告。業界がUSBタイプCに移行する中、法案は不要とした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up