Reuters logo
EU、ダイムラーやVWに価格カルテル疑いで立ち入り調査拡大
2017年10月24日 / 06:22 / 1ヶ月後

EU、ダイムラーやVWに価格カルテル疑いで立ち入り調査拡大

[ハンブルク/ベルリン 23日 ロイター] - ドイツの大手自動車メーカーの価格カルテル疑惑について、欧州連合(EU)欧州委員会とドイツの独占禁止当局が23日までに、ダイムラー(DAIGn.DE)のいくつかの事業所やフォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)とVW傘下のアウディ(NSUG.DE)の本社などに立ち入り調査範囲を拡大した。ダイムラーとVWの広報担当者が明らかにした。

 10月23日、ドイツの大手自動車メーカーの価格カルテル疑惑について、EU欧州委員会とドイツの独占禁止当局が、ダイムラーのいくつかの事業所やフォルクスワーゲン(VW)とVW傘下のアウディの本社などに立ち入り調査範囲を拡大した。写真はダイムラー傘下メルセデスのロゴ。独シュツットガルトで2月撮影(2017年 ロイター/Michaela Rehle)

欧州委は7月、ドイツの自動車メーカーが数十年にわたり、ディーゼル技術などで価格カルテルを結んでいた疑いがあるため調査していると表明していた。これまで欧州委は調査の詳細を明らかにせず、複数のドイツ自動車メーカーがカルテルを禁止したEUの独占禁止法に違反したのではと懸念しているとだけ説明している。

ただダイムラーは先週20日、制裁金を逃れる目的で突然内部告発を行い、欧州委がBMW(BMWG.DE)の事業所を調査している。

カルテルと認定された企業は、最大で世界全体の売上高の10%相当の制裁金を科せられる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below