for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州に天然ガス輸出拡大、イスラエル・エジプトがEUと覚書

イスラエルとエジプトは15日、欧州への天然ガス輸出拡大に向けた覚書を欧州連合(EU)と締結した。エジプト・カイロでの締結セレモニー(2022年 ロイター/Shokry Hussien)

[カイロ/エルサレム 15日 ロイター] - イスラエルとエジプトは15日、欧州への天然ガス輸出拡大に向けた覚書を欧州連合(EU)と締結した。欧州はロシア産エネルギーの輸入削減を目指している。

イスラエル産天然ガスの一部は既にパイプラインでエジプトの液化プラントに輸送され、LNG(液化天然ガス)として輸出されている。

当局者らによると、今回の合意でエジプトから欧州へのLNG輸出を拡大する方針。ただ、大幅な拡大には数年かかる見通しという。

エジプトもガス生産国だが、国内需要の高まりで輸出に回す分は限られている。

イスラエルのエルハラル・エネルギー相は「エジプトとイスラエルは天然ガスを欧州と共有し、エネルギー危機への対応を支援することを確約する」と語った。

業界関係者によると、イスラエルは既存プロジェクトの拡張や新規ガス田の生産開始によって向こう数年で生産量を年400億立方メートル前後に倍増させる見通し。

EUは昨年、域内消費の約4割に当たる1550億立方メートルの天然ガスをロシアから輸入した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up