May 27, 2019 / 3:46 PM / 3 months ago

ドイツSPD、連立戦略見直しへ 議会選敗北受け

[ベルリン 27日 ロイター] - ドイツ連立与党の一角、社会民主党(SPD)は、欧州議会選とブレーメン州の議会選で敗北したことを受け、連立戦略を見直す方針だ。

ブレーメン州議会選では73年ぶりの敗北を喫した。欧州議会選の得票率は11ポイント強落として15.8%と、初めて3位に転落した。結果を受け、党内左派がメルケル首相の保守勢力との連立解消が近い可能性を指摘した。

ナーレス党首は記者団に「状況の深刻さは誰の目にも完全に明らかだ」と述べた。

SPDは6月3日に、幹部らが選挙戦略のほか、気候変動や年金などの社会政策といった問題で、メルケル氏の保守陣営との違いをどう打ち出すかを話し合う。年内に連立での役割を見直すという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below