May 27, 2019 / 5:01 PM / 23 days ago

ウェーバー氏、欧州委後任として優勢な立場=欧州委副委員長

[ヘルシンキ 27日 ロイター] - 欧州連合(EU)欧州委員会のカタイネン副委員長は27日、中道右派の欧州人民党(EPP)で代表を務めるマンフレート・ウェーバー氏がユンケル欧州委員長の後任として優勢な立場にあるとの述べた。

26日までに実施された欧州議会選を受け、副委員長はヘルシンキで記者団に対し、「現在のところ、マンフレート・ウェーバー氏が極めて優勢な立場にある」と語った。欧州議会選では、議席数を減らしたものの、EPPが第1会派を維持した。[nL4N2320MS]

副委員長はまた、EPPと中道左派の欧州社会・進歩連盟(S&D)、リベラル派の欧州自由民主同盟(ALDE)の親EU派の連立に緑の党が加わる可能性があるとの見方も示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below