for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

EU所属支持率が67%に上昇、35年ぶり高水準=域内世論調査

 5月23日、欧州委員会の世論調査機関ユーロバロメーターによると、EU所属を支持する人の割合が35年ぶりの高水準となったことが分かった。写真はブリュッセルで3月撮影(2018年 ロイター/Yves Herman)

[ブリュッセル 23日 ロイター] - 欧州委員会の世論調査機関ユーロバロメーターによると、EU所属を支持する人の割合が35年ぶりの高水準となったことが分かった。

調査では、EUに属することが自国の国益になっているとの回答の割合が67%と、昨年10月の64%から上昇、1983年以来最高となった。これに対し、反対の見方をした回答者は23%だった。

欧州に懐疑的な政権が発足するイタリアでは、EU所属による国益が弊害を上回るとの回答の割合が44%と域内最低で、弊害が国益を上回るとの見方が41%だった。ただ、否定的な見方と肯定的な見方の割合が48%と39%だった昨年10月からは逆転している。

来年EUを離脱する英国では、EU所属が国益になっているとの回答は53%で域内で2番目の低さだったが、それでも半分超に達した。 

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up