for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

EU、12カ国の投資計画承認 コロナ復興基金配布へ

7月13日、欧州連合(EU)の財務相は、イタリアやスペイン、フランスなど加盟12カ国の投資計画を承認した。新型コロナウイルスで打撃を受けた経済を立て直すためのEU復興基金の最初の資金配布に向けて道筋を付けた。写真は5月5日、ブリュッセルで撮影(2021年 ロイター/Yves Herman)

[ブリュッセル 13日 ロイター] - 欧州連合(EU)の財務相は13日、イタリアやスペイン、フランスなど加盟12カ国の投資計画を承認した。新型コロナウイルスで打撃を受けた経済を立て直すためのEU復興基金の最初の資金配布に向けて道筋を付けた。

EUは声明で、財務相がブリュッセルで会合し、オーストリア、ベルギー、デンマーク、フランス、ドイツ、ギリシャ、イタリア、ラトビア、ルクセンブルク、ポルトガル、スロバキア、スペインが作成した計画を承認したと発表した。EU復興計画に基づく国家投資プログラムの承認の第1弾となる。

欧州委員会のジェンティローニ委員(経済担当)は、12カ国の最初の「最初の支払い」 は数週間以内に実現すると述べた。基金の最大13%を占める。7月下旬に予定されている融資契約の署名後、2カ月以内に支払われる。

残りの15カ国の計画は、後の段階で財務相が審査する。7月26日の臨時財務相会合で、クロアチア、キプロス、リトアニア、スロベニア、そしておそらくアイルランドの計画が承認される見込みだ。

欧州委のドムブロフスキス上級副委員長は記者会見で、すべての計画を審査する作業は順調に進んでいるが、計画をまだ提出していない国もある上、ハンガリーの計画を審査するにはさらに時間を要する可能性があると述べた。

ハンガリーは市民権や人権を含む多くの問題でEUと対立している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up