Reuters logo
欧州委員長、EU統合速度の多様化を提案へ
2017年2月24日 / 02:59 / 10ヶ月前

欧州委員長、EU統合速度の多様化を提案へ

[ブリュッセル 23日 ロイター] - 欧州委員会のユンケル委員長は23日、欧州連合(EU)の統合深化について、全加盟国一体ではなく、一部の国が先行して統合を深化できる仕組みを整える必要があるとの認識を示した。

 2月23日、欧州委員会のユンケル委員長(写真)は、欧州連合(EU)の統合深化について、全加盟国一体ではなく、一部の国が先行して統合を深化できる仕組みを整える必要があるとの認識を示した。写真はブリュッセルで昨年12月撮影(2017年 ロイター/Francois Lenoir)

欧州委が来週発表する白書で具体的な提案を行う。ベルギーの学生向けの演説で明らかにした。

EUの統合速度を多様化する案には、以前から賛否両論が出ているが、ユンケル委員長は「すべての加盟国が一緒に同じことをすると想像できる時代は終わった」と発言。「もっと早く進みたい国が、すべての国に開かれた、より明確な枠組みを整備することで、他の国をわずらわせずに先に進める環境をつくるべきではないか」と述べた。

ドイツのメルケル首相も3週間前、今後の統合深化は「異なる速度」で進めることになりそうだと表明。ユンケル委員長は22日にメルケル首相と会談している。

フランスなどEU創設国も、メルケル首相と同様の立場を示しているが、経済力で劣る旧共産圏の加盟国からは、EUの分裂や経済発展の遅れにつながると反対する声が出ている。

ユンケル委員長は、防衛分野では、加盟国の間で、希望する統合深化のペースが異なると指摘した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below