Reuters logo
EU、ロシア産ガス依存度低下に向け協議
2014年5月6日 / 05:52 / 4年前

EU、ロシア産ガス依存度低下に向け協議

[ブリュッセル 5日 ロイター] - 欧州連合(EU)当局者らは5日、ロシア産天然ガスの主要経由地となるウクライナでの危機を受け、ロシア産ガスへの依存度低下に向けた協議を非公開で行った。石炭利用の拡大も検討したもようだ。

 EU当局者らは、ロシア産天然ガスの主要経由地となるウクライナでの危機を受け、ロシア産ガスへの依存度低下に向けた協議を非公開で行った。写真はロシア産ガスを運ぶパイプライン。4月撮影(2014年 ロイター/Radovan Stoklasa)

欧州委員会のエッティンガー委員(エネルギー担当)や、EU各加盟国の専門家が協議に参加した。

ロイターが確認した協議プログラムのコピーによると、シェールガスの利用拡大や貯蔵面での改善、需要縮小策などが議題に挙げられた。

協議に参加した専門家の1人は匿名を条件に、協議では石炭といったその他燃料の利用拡大や、エネルギー効率の改善などについて話し合われたと明らかにした。

ただ、アナリストらは、EU加盟28カ国間でエネルギー政策をめぐる意見の相違が露わになる可能性があるとして、協議の効果に疑問を呈している。

ウクライナと国境を接するポーランドは、ロシアに対抗するため、ガス輸入についてEU全体で協力するプランを提案したものの、5日の協議に参加した関係筋によると、エッティンガー委員はポーランドのプランとは距離を置いたという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below