April 18, 2019 / 5:40 PM / 3 months ago

欧州のアンドロイド利用者、ブラウザー選択可能に=グーグル幹部

[ブリュッセル 18日 ロイター] - 米アルファベット傘下グーグルは、欧州の基本ソフト(OS)「アンドロイド」ユーザーに、ブラウザーや検索エンジンを18日から選択できるようにすると発表した。欧州連合(EU)の反トラスト懸念を和らげ、新たな制裁金を回避する狙い。

グーグル幹部によると、欧州のアンドロイドユーザーがアプリストア「グーグルプレイ」を開くと検索アプリやブラウザーの2画面が表示され、それぞれ計5種類のアプリ(イントール済み含む)からダウンロードするソフトを選択できる。

業界データや各国のダウンロード件数を参考に決められる人気度を基にアプリが選ばれ、ランダムな形で表示される。

またユーザーが特定の検索アプリをダウンロードすれば、次にブラウザー「クローム」を開く際、デフォルトの検索エンジン変更を望むかどうか確認が行われるという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below