May 28, 2019 / 12:52 AM / 23 days ago

EU、イタリアの不良債権処理スキームの延長を承認

 5月27日、欧州連合(EU)欧州委員会は、イタリアの銀行による不良債権処理を促進するための政府保証スキーム(GACS)を2021年5月まで延長することを承認したと発表した。写真は昨年10月にローマで撮影(2019年 ロイター/Alessandro Bianchi)

[ブリュッセル 27日 ロイター] - 欧州連合(EU)欧州委員会は27日、イタリアの銀行による不良債権処理を促進するための政府保証スキーム(GACS)を2021年5月まで延長することを承認したと発表した。

同スキームでは、イタリアの銀行が不良債権を証券化して売却する際、政府が最も低リスクな区分を対象に保証を付与。2016年に導入され、18年に延長されている。

欧州委は、同スキームがEUの競争ルールに適合しているとの判断に至ったと説明した。

同委によると、イタリアの銀行は同スキームを通じて2016年2月から18年11月までの期間に510億ユーロ(570億ドル)相当の不良債権を処理した。

イタリア政府はGACS再延長に際し、投資家の保護を強化するために基準を厳格化した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below