January 10, 2019 / 4:09 PM / 2 months ago

欧州議会、金融監督機関の権限拡大模索 英離脱控え

[ロンドン 10日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱を控え、欧州議会で経済問題を扱う委員会は、金融監督機関の権限拡大を模索している。

同委員会は欧州資本市場の構築や、域内顧客との取引を望む域外企業の審査に向け、EUの証券、銀行、保険監督機関の権限を強化する法律の草案を承認した。

有害な金融商品販売をやめさせ、金融業界関係者の行動監視を強化するため、監視機関の権限を拡大する。

英国はEU最大の金融センターを抱える。一部の域内政党は、英国がEU離脱後、世界金融センターの競争力を維持するため、金融規制を後退させると懸念している。

法案審議を推し進めたオーストリア選出議員は「EU内で金融事業に携わる者が確実に、厳格な規制を守るようにする」と述べた。

草案は加盟各国などの承認が必要で、欧州議会選挙などを控えていることから、議員らは5月までに最終決着させたい考えだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below