Reuters logo
欧州委、キヤノンなどに異議告知書 買収で誤解与える情報と非難
2017年7月6日 / 11:13 / 4ヶ月後

欧州委、キヤノンなどに異議告知書 買収で誤解与える情報と非難

[ブリュッセル 6日 ロイター] - 欧州連合(EU)の反トラスト当局は、ドイツの製薬大手メルク、米ゼネラル・エレクトリック(GE)、キヤノンがそれぞれの買収合意に絡んで誤解を与える情報を提供したとして非難した。

欧州委員会はメルクとシグマ・アルドリッチ、GE、キヤノンに対し、それぞれ個別に異議告知書を送付したと明らかにした。

買収を巡るEUの承認に影響はないものの、メルクとGEは世界の売上高の最大1%、キヤノンは最大10%の制裁金が科される可能性がある。

メルクについては、2015年6月に承認されたシグマ・アルドリッチ買収の過程で、化学事業のイノベーションプロジェクトについて情報を提供しなかったと非難。GEについては、今年のLMウインド買収に関連し、誤解を与える研究・開発情報を提供したとした。

EU競争当局はキヤノンについて、規制当局の承認を確実にする前に東芝メディカルシステムズを買収したと指摘。この買収は2016年9月に承認された。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below