December 15, 2017 / 5:00 AM / 9 months ago

EU首脳、対ロシア経済制裁の半年延長で合意 18年半ばまで

[ブリュッセル 14日 ロイター] - 欧州連合(EU)首脳は14日、ウクライナ情勢を巡る対ロシア経済制裁を2018年半ばまで半年間延長することで合意した。

 12月14日、欧州連合(EU)首脳は、ウクライナ情勢を巡る対ロシア経済制裁を2018年半ばまで半年間延長することで合意した。写真は2014年12月にブリュッセルで会見するEUのトゥスク大統領(2017年 ロイター/Francois Lenoir)

EUは、ロシアによる2014年のウクライナ南部クリミアの併合とウクライナ東部の親ロシア派武装勢力への支援を理由に、ロシアへの経済制裁を続けている。

制裁はロシアのエネルギー、防衛、金融セクターが主な対象で、18年1月末が期限だった。

EUのトゥスク大統領は、加盟28カ国は「対ロシア経済制裁の延長で一致した」と述べた。

ロシア政府は、クリミアを返還するつもりはないとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below