February 16, 2018 / 12:36 AM / 7 months ago

EU、フェイスブックなど3社に利用規約のさらなる改善要求

[ブリュッセル 15日 ロイター] - 欧州連合(EU)当局は14日、フェイスブック(FB.O)、アルファベット(GOOGL.O)子会社グーグル、ツイッター(TWTR.N)の3社に対して、サービス利用規約をEU法に沿う内容に修正する取り組みがまだ不十分だと指摘し、一層努力するよう促した。

 2月14日、欧州連合(EU)当局は、フェイスブック、アルファベット子会社グーグル、ツイッターの3社に対して、サービス利用規約をEU法に沿う内容に修正する取り組みがまだ不十分だと指摘し、一層努力するよう促した。写真はフェイスブックのロゴ。昨年12月、ロンドンで撮影(2018年 ロイター/Toby Melville)

EUは昨年3社に利用規約改善を要請していたが、コンテンツ削除やアカウント閉鎖に関するユーザーへの情報提供を巡る懸念などは、一部しか解決されていないとの認識を示した。

欧州委員会のヨウロワー委員(司法・消費者・男女平等)は「EUの消費者保護ルールは尊重されるべきで、それに従わない企業は制裁を受けることになる。一部の企業はプラットフォームを消費者にとってより安全な形に変えているが、なお不完全で非常に時間がかかっており、受け入れ難い」と述べた。

フェイスブックは、EUと協力し、利用規約を変更して透明性を確実に向上させる取り組みを進めているとした上で、年内に規約をさらに更新する計画だと説明した。

グーグルの広報担当者はコメントを拒否し、ツイッターはコメント要請に回答していない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below