January 9, 2018 / 10:47 PM / 9 months ago

欧州市場サマリー(9日)

[9日 ロイター] - <ロンドン株式市場> 上昇。小売り銘柄が好調で終値の過去最高を更新した。

スーパーマーケットのモリソンズ(MRW.L)は2.4%高。年末商戦の売り上げが予想を上回った。食品小売りのマークス・アンド・スペンサー(MKS.L)やセインズベリー(SBRY.L)も2.4%、3.1%のそれぞれ上昇となる連れ高だった。

<欧州株式市場> 上昇。欧州の企業に対する業績期待が続き、STOXX欧州600種指数は2015年8月以来の高値を更新した。

米金融大手シティ・グループによると、世界の企業業績は14週連続で上方修正され、00年に統計を取り始めて以来の最多を記録した。

通信のアルティス(ATCA.AS)は10.5%高。米国事業の切り離し決定が好感された。

自動車関連株も好調だった。タイヤのコンチネンタル(CONG.DE)は会社の構造改革への期待から5.4%上昇した。

自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)(FCHA.MI)は2%高で過去最高を更新。部門の切り離しや整理への期待が強かった。

<ユーロ圏債券> 国債利回りが上昇した。域内高格付け国の相次ぐ新規国債発行や、日米の国債利回り上昇を材料視した。

日銀が通告した国債買い入れオペで、超長期の買い入れ額が減額されたことを受け、年内に金融刺激策を縮小するとのうわさが広まり、米10年債利回りが10カ月ぶり高水準、日本の20━40年債利回りも1カ月ぶり水準に上昇した。

ドイツとオランダ、オーストリアが35億ユーロ(42億ドル)強の入札を行い、底堅い需要を集めた。

終盤の取引で、イタリアが主導して域内債券利回りは2━5ベーシスポイント(bp)上昇した。

イタリア10年債利回りIT10YT=TWEBは5bp上昇して2.03%、ドイツ国債との利回り格差は前日の155bpから158bpに拡大した。

ドイツ10年債利回りDE10YT=TWEBは2.5bp上昇して0.45%。昨年12月半ばの水準(0.30%)を大きく上回った。

オランダ10年債利回りNL10YT=TWEBは2bp上がって0.55%。昨年12月につけた低水準を約18bp上回る。

オーストリア10年債利回りAT10YT=TWEBは過去1カ月間で18bp上昇して0.59%。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below