July 20, 2020 / 6:07 AM / 21 days ago

EU首脳会議、コロナ復興基金巡り紛糾続く いったん休会に

 7月20日、新型コロナウイルス禍で落ち込んだ経済の立て直しに向けた7500億ユーロ規模の復興基金案を巡って協議するため17日開幕した欧州連合(EU)首脳会議は、20日早朝まで議論を続けたが合意に至らず、同日1400GMT(日本時間午後11時)まで休会することとなった。写真はブリュッセルで16日撮影(2020年 ロイター/Yves Herman)

[ブリュッセル 20日 ロイター] - 新型コロナウイルス禍で落ち込んだ経済の立て直しに向けた7500億ユーロ規模の復興基金案を巡って協議するため17日開幕した欧州連合(EU)首脳会議は、20日早朝まで議論を続けたが合意に至らず、同日1400GMT(日本時間午後11時)まで休会することとなった。

ミシェルEU大統領は、世界中で60万人以上が新型コロナにより命を落としたと指摘。前代未聞の危機を前に結束し、「不可能な使命」を成し遂げ合意するようEU首脳らに呼び掛けた。

大統領は3回連続となる夕食会の席上、「是非とも合意し、あすにはEUが不可能な使命を成し遂げたという見出しを見たい」と訴えた。

休会発表後、オーストリアのクルツ首相とオランダのルッテ首相は、協議は進展していると主張。ルッテ首相は、物別れに終わる可能性はなお残る、とも警告した。

焦点は復興基金の設計や利用条件で、相対的に裕福な北部の諸国がより小規模な基金を主張するなど、「南北対立」の様相を呈している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below