for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

EU、米鉄鋼・アルミ関税への対抗措置準備に着手 来週除外巡り協議

[ブリュッセル 16日 ロイター] - 欧州連合(EU)は16日、米国がEUを鉄鋼とアルミニウムの輸入制限の対象外としない場合、関税を課す米製品のリストに関する意見の聴取を始め、対抗措置導入に向けた準備に着手した。

トランプ米大統領が発動した鉄鋼に25%、アルミニウムに10%の関税をかける措置について、EUは除外を求めており、EUの執行機関である欧州委員会のセシリア・マルムストローム委員(貿易担当)は来週、米国のロス商務長官と会談する。

欧州委はこれまでに米国が同輸入制限措置からEUを除外しない場合、年間28億ユーロ(34億5000万ドル)相当の米国からのEUへの輸入品に25%の関税をかける方針を表明。作成された対象となる米製品を記載したリストは10ページから成り、米、オレンジジュース、化粧品、二輪車、モーターボートなど多岐にわたる日用品のほか、建設などに使われる金属製品なども含まれている。

EUが対抗措置をとる場合、米国の措置発動から60日以内、もしくは5月23日までに世界貿易機関(WTO)に通告する。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up