September 24, 2019 / 12:28 AM / 3 months ago

EU首席交渉官、英離脱巡る行き詰まりの打開に懐疑的

[国連/ベルリン 23日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱問題を取り仕切るバルニエEU首席交渉官は23日、アイルランド国境問題の 「バックストップ(安全策)」について、ジョンソン英首相の撤回要求は容認できないと表明した上で、英EU離脱を巡る行き詰まりの打開を見通すのは難しいと述べた。

 9月23日、英国の欧州連合(EU)離脱問題を取り仕切るバルニエEU首席交渉官は、アイルランド国境問題の 「バックストップ(安全策)」について、ジョンソン英首相の撤回要求は容認できないと表明した上で、英EU離脱を巡る行き詰まりの打開を見通すのは難しいと述べた。写真はブレグジット反対デモに参加する英国国民。9月22日、スペインのマラガで撮影(2019年/Jon Nazca)

ブレグジット(英EU離脱)問題を巡っては、ジョンソン首相や欧州委員会のユンケル委員長が最近、合意形成に向けて前向きなメッセージを発したことから、期待感が高まっていた。

ただ、バルニエ氏はベルリンで行われたドイツのマース外相との共同会見で、英領北アイルランドとEU加盟国・アイルランド間の厳格な国境管理を避けるためのバックストップの撤回要求について「受け入れらないことが理解されているはずだ」と指摘。

「現在の英国の考えに基づくと、バックストップの全ての目的を満たす合法かつ有効な解決策を見いだせるとは想定し難い」と語った。「非常に難しい段階にある」とした。[nL3N26E2TS]

EU筋は、バックストップについて、EU単一市場や関税同盟の完全性を保証する適切な代替策は、まだ英国側から提案されていないと説明。行き詰まりが近く解消される見通しは、立っていないと述べた。

トゥスクEU大統領はニューヨークで開催されている国連総会の合間にジョンソン首相と会談後、ツイッターに「打開はない。決裂もない。そして一刻の猶予もない」と投稿した。[nL3N26E3HA]

ジョンソン氏はEUとの合意の有無にかかわらず、現在の期日である10月31日までに離脱する考えを繰り返し示している。

一方、英最高裁はジョンソン首相が議会を閉会した決定が違法かどうかについて、11人の判事が24日0930GMT(日本時間午後6時30分)に判決を下す。

最高裁が議会閉会を違法と判断した場合、ジョンソン首相に対して議会の再招集を要請する可能性があり、そうなった場合、ジョンソン氏の合意なき離脱も辞さない方針を阻止するため、議会がさらに行動を取る余地ができる。[nL3N26E2KF]

野党・労働党は23日に党大会を実施し、今後の方針について採決を行った。その結果、次期総選挙で政権奪還を目指すとするコービン党首の戦略が支持され、総選挙を待たずにEU残留を党の方針として決定すべきとの一部党員の意見は退けられた。[nL3N26E3IU]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below