Reuters logo
EU首脳、米政権の決定の一部に懸念 状況によっては「黙っていない」
February 3, 2017 / 9:03 PM / 10 months ago

EU首脳、米政権の決定の一部に懸念 状況によっては「黙っていない」

[バレッタ(マルタ) 3日 ロイター] - 欧州連合(EU)は3日、当地で開催した非公式首脳会合で、トランプ米政権の決定の一部に懸念を表明しつつも、米国との連携を続けていく必要であるとの見解で一致した。ただ、状況によっては「黙ってはいない」とも強調した。

議長国を務めたマルタのムスカット首相は記者会見で「EU加盟28カ国の間からは、新米政権による決定や対応の一部をめぐり懸念が出た」と語った。ただ、反米的な感覚はなく、これまでと同様に米国と連携していく必要があるとの理解で一致しているとした。

同時に、EUの基本理念に絡む問題となれば「黙っていることはできない」とし、「基本理念が踏みにじられるようなことになれば、われわれは声を大にする」と言明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below