May 26, 2014 / 10:43 AM / 5 years ago

欧州議会選、イタリアはレンツィ首相の民主党が大躍進

 5月26日、欧州各国で22日から25日にかけ実施された欧州議会選挙は、イタリアではレンツィ首相(写真)の中道左派「民主党」が、他党に大差をつけて躍進した。25日撮影(2014年 ロイター/Alessandro Garofalo)

[ローマ 26日 ロイター] - 22日から25日にかけ、欧州各国で実施された欧州議会選挙は、イタリアではレンツィ首相の中道左派「民主党」が、他党に大差をつけて躍進し、首相の経済・構造改革が有権者のお墨付きを得る結果となった。

開票速報によると、民主党の得票率は40.8%以上。コメディアンのベッペ・グリッロ氏が率いる第2位の政党「五つ星運動」の21.2%のほぼ2倍を得票した。ベルルコーニ元首相の「フォルツァ・イタリア(FI)」は16.8%にとどまった。

レンツィ首相はツイッターで「歴史的な結果が出た。国のために働く決意だ」とつぶやいた。

3年にわたる不況が、レンツィ首相の野心的な改革プログラム支持を促したと言える。

今回の結果を受け、一部からは、レンツィ首相が前倒し選挙を実施し、政権、議会での党の勢力を拡大することも可能との声もでている。

民主党は、欧州議会でもメルケル独首相のキリスト教民主同盟(CDU)に次ぐ第2位の政党となる。

選挙結果を受け、26日朝方の欧州株式市場では、イタリア株が上昇を主導。イタリア国債も上昇(利回りは低下)している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below