Reuters logo
焦点:ユーロ高で欧州債に投資妙味、早期の緩和縮小観測が後退
2017年8月24日 / 03:13 / 1ヶ月前

焦点:ユーロ高で欧州債に投資妙味、早期の緩和縮小観測が後退

 8月23日、今年に入りユーロが対ドルで2桁の上昇率を記録していることを受け、世界最大手クラスの資産運用会社の間で、欧州国債の投資妙味が増したとの見方が広がりつつある。2015年撮影(2017年 ロイター/Dado Ruvic)

[ロンドン 23日 ロイター] - 今年になってユーロが対ドルで2桁の上昇率を記録していることを受け、世界最大手クラスの資産運用会社の間で、欧州国債の投資妙味が増したとの見方が広がりつつある。

欧州中央銀行(ECB)の債券買い入れ縮小を巡る思惑が初めて浮上した昨年9月以降、ユーロ圏国債利回りはじりじりと上昇してきた。

しかし一部の投資家は、ユーロ高のおかげで欧州国債には新たな追い風が吹いていると考えている。その理屈は、さらにユーロが上昇すれば、ECBは通貨高の物価押し下げに配慮して量的緩和(債券買い入れ)縮小を先送りせざるを得ず、国債の魅力が高まるということだ。

BNPパリバ・アセットマネジメントのソブリン債チームを率いるパトリック・バーブ氏は「主にユーロが値を戻したことで、政府債のデュレーションをショートにすることが不可能になり、6月に方針を変えた」と説明。5660億ユーロの資産を運用し、ユーロ圏国債に対する最大級の投資家である同社は、政府債のデュレーションを延ばすとともに、投資判断を「ネガティブ」から「中立」に修正した。

<物価押し下げ>

ユーロ/ドルの年初来上昇率は12%強と先進国通貨で最も高い。値上がりの大半は、過去3カ月に起きた。

ユーロ高は域内の輸入物価を引き下げ、物価上昇率に下押し圧力をかけ続けるのでECBは引き締めに動きづらくなる半面、債券投資家の心理は上向く。

アナリストによると、ユーロの実効レートが1%上がると、総合物価上昇率は0.3─0.5%下振れする。そうでなくとも足元の物価上昇率は1.3%と、ECBが目標に掲げる2%弱に及ばない状況にある。

過去4週間でユーロ高の勢いが強まるとともに、ドイツ10年国債利回りは20ベーシスポイント(bp)低下して0.4%となった。

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーのポートフォリオマネジャー、ブレンダン・ラードナー氏は「ドラギECB総裁が政策変更の可能性を示唆して以来のユーロ高/ドル安は、基調的な物価見通しを下げることになる」と述べた。

ドラギ氏は6月27日のポルトガル・シントラにおける講演で、現在の大規模緩和路線を軌道修正する道を開き、ECBは年内に緩和縮小を発表するとの見方が強まった。

<議事要旨>

しかし特に7月のECB理事会議事要旨が公表され、政策担当者がユーロ高が進み過ぎることへの懸念を表明して以降は、早期の緩和縮小観測が後退している。

ステート・ストリートのラードナー氏は「ユーロが1.20─1.22ドルまで急伸するようなら、期間10年のユーロ圏国債を中心に政府債のデュレーションをロングにすることにわれわれは自信を深めるだろう」と語った。

短期金利先物は今、ECBが来年末までに25ベーシスポイント(bp)の利上げを1回実施する確率を約60%と見込んでいる。100%織り込まれていた今月初め、あるいは早ければ来年6月に利上げがあると想定されていた先月からは急変した形だ。

JPモルガン・アセットマネジメントの債券ポートフォリオマネジャー、シーマス・マクゴレイン氏は「われわれは米国に比べてドイツをややアンダーウエートにしており、それは両国のスプレッドが理由だ。だがユーロ高が続けば、それは変わるだろう」と話した。

同氏は、ユーロが1.25ドルに達すれば、ユーロ圏国債に対する見方はより強気になると指摘する。

(Abhinav Ramnarayan、Saikat Chatterjee記者)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below