May 20, 2020 / 10:43 AM / 15 days ago

ユーロ圏消費者物価、4月改定値は前年比+0.3% 4年ぶり低い伸び

欧州連合(EU)統計局が発表した2020年4月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値は前年同月比プラス0.3%で、ほぼ4年ぶりの低い伸びとなった。写真は5月11日、フランスのパリで撮影(2020年 ロイター/Charles Platiau)

[ブリュッセル 20日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が発表した2020年4月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値は前年同月比プラス0.3%で、ほぼ4年ぶりの低い伸びとなった。エネルギー価格の低下が影響し、速報値の前年比プラス0.4%から下方改定された。

消費者物価指数は、1月に同プラス1.4%、2月にプラス1.2%、3月はプラス0.7%と今年に入って低下傾向をたどり、欧州中央銀行(ECB)の物価目標である2%付近から一段と乖離している。

統計局によると、エネルギー価格は9.7%低下。速報値の9.6%低下から下方修正された。

エネルギーを除く消費者物価指数はプラス1.4%で、3月の1.3%から上昇が加速した。食品価格の上昇を受けた。

食品・アルコール・たばこの価格は4月に前年比で3.6%上昇した。新型コロナウイルスがパンデミック(世界的な大流行)となる中、消費者が日用品の買いだめに走った。3月は2.4%上昇だった。

最大の構成品目であるサービスの価格は前年比1.2%上昇。3月の1.3%上昇から減速した。

食品・エネルギーを除く物価指数改定値は前年比プラス1.1%。3月はプラス1.2%だった。

多くのエコノミストが注視している、より狭義のコアインフレ率(エネルギー・食品・アルコール・たばこを除く)は前年比プラス0.9%だった。3月は1.0%だった。

4月の消費者物価指数改定値は前月比でもプラス0.3%となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below