January 23, 2018 / 12:39 AM / 4 months ago

コラム:ユーロ高に救われたECB、原油高の価格影響を相殺

Jamie McGeever

 1月18日、エネルギー価格は上昇しているが、原油高が正確にどの程度物価を押し上げる効果を持つのかは、それほど明確ではない。写真は2017年11月フランクフルトで雨に濡れた窓に映る欧州中央銀行(ECB)元本部ビル前のユーロサイン(2018年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ロンドン 18日 ロイター] - エネルギー価格は上昇しているが、原油高が正確にどの程度物価を押し上げる効果を持つのかは、それほど明確ではない。

そして為替レートの差を考慮すると、一見したところほど物価上昇圧力は深刻とは言えなくなる。これは欧州中央銀行(ECB)にとっては重要な意味がある。原油高がもたらす物価圧力がもっと強い場合より、ずっと緩やかなペースで金融引き締めを進められるからだ。

足元の北海ブレント先物は過去3年で初めて1バレル=70ドルを突破し、2016年1月に付けた底値27.10ドルから大きく値を上げた。物価見通しに基づいて向こう1年の政策調整を進めようとしている主要中銀当局者にとってそれより大事なのは、原油価格がこれまでの1年で30%近く上昇したことだろう。

昨年9月に国際通貨基金(IMF)が公表したワーキングペーパーによると、原油が10%上がるとその国・地域の物価を短期的に0.4%ポイント押し上げる傾向がある。こうした法則は、先進国と途上国の双方に当てはまる。

ワーキングペーパーの執筆者は「原油高のショックにまつわる多くのエピソードは上昇率が50%ないしそれ以上になったことに関するもので、経済的に著しい影響力を有する」と指摘した。

実際、過去2年で原油価格は150%も上がった。

ただその影響の大きさは、為替レートを勘定に入れるとさまざまに変化する。

北海ブレントのドル建て価格のこの1年の上昇率は30%近くで、IMFのワーキングペーパーに従えば、他の条件が等しいなら米国の今後1年間の物価をおよそ1.2%ポイント上振れさせることになる。

ユーロ圏では物価押し上げ力はずっと弱く、原油価格の上昇率は10%弱で、他の条件が等しければ物価上昇率を0.4%程度高めるにすぎない。現在のユーロ圏の消費者物価の前年比上昇率が1.4%である点からすると、原油高によってECBが目標とする2%弱まで物価が上がる計算だ。

しかし原油高の影響を相殺する力として、ユーロ高が存在する。ユーロ/ドルは過去1年で15%上がり、直近では1.23ドル超と3年ぶり高値を付ける場面があった。

ECBの当局者は、ユーロ高が域内企業の輸出競争力を低下させる事態は好まないだろうし、金融政策正常化に着手できるように物価が持続的に上向いてほしいと考えている。

ECB理事会メンバーであるノボトニー・オーストリア中銀総裁は17日、最近のユーロ高は経済にとって「プラスにならない」と発言し、ECBが動向を注視していくと付け加えた。

とはいえノボトニー氏をはじめとするECB当局者は、ユーロ高が域内の物価を漸進的な上昇に抑えている事実は間違いなく歓迎するだろう。そのおかげでECBは、緩和をゆっくりと縮小して経済や金融市場に及ぼすショックを最小限にすることができる。

さらに北海ブレントのドル建て価格で考えても、実質的な物価上昇圧力は最初目にするよりも小さいことがうかがえる。

確かに過去1年で30%上がったが、長期的な平均価格の上昇率ははるかに低い。短期的な振れをならす上で用いられることが多い200日移動平均の価格は55.70ドル。ちょうど1年前の49.07ドルからの上昇率は13.5%にとどまっている。

*筆者はロイターのコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below