July 31, 2020 / 10:43 AM / 12 days ago

ユーロ圏、第2四半期は過去最大のマイナス成長 インフレは加速

 7月31日、欧州連合(EU)統計局が発表した第2・四半期の域内総生産(GDP)速報値は統計開始以来、最大の落ち込みとなった。一方、7月のインフレ率は予想に反して上昇が加速した。写真はスペインのパルマ・デ・マヨルカにあるホテル。6月14日撮影(2020年 ロイター/Enrique Calvo)

[31日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が発表した第2・四半期の域内総生産(GDP)速報値は統計開始以来、最大の落ち込みとなった。一方、7月のインフレ率は予想に反して上昇が加速した。

第2・四半期のGDPは前期比12.1%減。現行方式で統計を取り始めた1995年以来、最大の減少となった。市場予想は12.0%減、第1・四半期は3.6%減だった。

域内では、これまでのところスペインの落ち込みが最も大きく前期比18.5%減。フランスが同13.8%減、ドイツは同10.1%減といずれも記録的なマイナスとなっている。

一方、インフレは加速傾向にある。7月の消費者物価指数(HICP)速報値は前年比0.4%上昇。上昇率は5月(0.1%上昇)、6月(0.3%上昇)と加速している。エコノミスト予想は0.2%上昇だった。

食品・エネルギーを除いたいわゆるコア指数も、前年比1.3%上昇と前月(1.1%上昇)から加速。

さらにアルコール・たばこを除外した指数も0.8%から1.2%に上昇が加速した。

品目別では、工業製品が1.7%上昇(前月は0.2%上昇)、食品・アルコール・たばこが2.0%上昇(前月は3.2%上昇)、エネルギー価格は8.3%下落(前月は9.3%下落)だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below