April 12, 2019 / 3:57 PM / 2 months ago

ユーロ圏経済見通し、域外情勢に依存 逆風強まる=ECB総裁

 12日、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、ユーロ圏の経済成長見通しは域外の経済情勢に左右されるとの考えを示した。写真はドラギ総裁。1月15日に撮影(2019年 ロイター/Vincent Kessler)

[ワシントン 12日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は12日、ユーロ圏の経済成長見通しは域外の経済情勢に左右されるとの考えを示した。

ドラギ総裁は「ユーロ圏経済の見通しは基本的に世界経済の成長の勢いに左右される」と指摘。「通商を巡る緊張の高まり、製造業の世界的な低迷、技術サイクルの変遷により、ユーロ圏に対する域外からの向かい風は強まった」との認識を示した。

ドラギ総裁は世銀・国債塚基金(IMF)春季会合に出席するためにワシントンを訪れている。

このほか、十分に緩和的な金融政策はなお必要との認識を表明。金融部門は英国の合意なき欧州連合(EU)離脱も含め、あらゆる緊急事態に備える必要があるとの考えも示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below