June 18, 2019 / 10:09 AM / in 4 months

ユーロ圏消費者物価、5月改定値は前年比+1.2%に減速 1年強ぶり低水準

[ブリュッセル 18日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が発表した5月のユーロ圏消費者物価指数改定値は速報値と同じ前年比1.2%の上昇で、伸び率は4月の1.7%から縮小し、2018年4月以来1年強ぶりの低水準となった。エネルギーとサービスセクターの価格の伸びが鈍化した。

今回の結果は、インフレ率目標を2%弱とする欧州中央銀行(ECB)にとって悪いニュースだ。ECBはこれまで、インフレ率が上向かなければさらなる行動を取ると約束している。

前月比では0.1%上昇で、伸び率は市場予想の0.2%を下回った。

EU統計局は、ECBが政策決定で重視するコアインフレ率(エネルギー、食品を除く)が前年比1.0%上昇となったことを確認。4月は1.4%上昇だった。

エネルギー、食品、アルコール類、たばこを除外したベースでは前年比0.8%上昇で速報値と変わらず。前月は1.3%上昇だった。

5月のインフレ率縮小は、エネルギー価格の伸び率が4月の5.3%から3.8%に低下したことが主な要因。サービスセクターのインフレ率は4月の1.9%から1.0%にほぼ半減した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below