May 26, 2016 / 3:27 AM / 3 years ago

サッカー=フランス、テロ警戒でユーロ2016に9万人以上の警備

5月25日、カズヌーブ仏内相は、フランスで来月開幕するサッカーの欧州選手権での安全対策に、警察や兵士、警備員を9万人以上動員すると発表した。写真は4日にマルセイユで行われた警備訓練に参加した警官ら(2016年 ロイター/JEAN-PAUL PELISSIER)

[25日 ロイター] - 6月10日に開幕するサッカーの欧州選手権(ユーロ2016)での安全を期するため、フランスのカズヌーブ内相は25日、警察や兵士、警備員を9万人以上動員すると発表した。

パリでは2015年11月、過激派組織「イスラム国」による同時多発攻撃で130人が犠牲となり、国立競技場「スタッド・ド・フランス」も対象となった。

内相は、警察や憲兵、鎮圧部隊7万7000人に加え、民間警備員1万3000人、ボランティア1000人が警備に当たる見込みだと説明。また、1万人の兵士の一部をすでに各都市に駐在させているとした。

ユーロ2016では250万人の観客が見込まれ、主要都市では大スクリーンによるパブリックビューイングも行われる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below