Reuters logo
アングル:欧州銀、石油企業向け融資で損失発生の懸念
2016年2月18日 / 05:42 / 2年後

アングル:欧州銀、石油企業向け融資で損失発生の懸念

[ミラノ/ロンドン 17日 ロイター] - 欧州の銀行は、原油が最高値を更新していたときに高リスクのプロジェクトに大量の融資を行った。しかし油価急落で石油会社の経営はひっ迫。銀行は融資の焦げ付きで最大180億ドルの損失を被る恐れもあり、投資家の間で懸念が高まっている。

 2月17日、欧州の銀行は、原油が最高値を更新していたときに高リスクのプロジェクトに大量の融資を行った。しかし油価急落で銀行は最大180億ドルの損失を被る恐れもある。写真はパリ金融中心区。11日撮影(2016年 ロイター/Christian Hartmann)

原油高の際にはINGING.AS、HSBC(HSBA.L)、ドイツ銀行(DBKGn.DE)など大手行が融資を競っただけに、痛みは金融市場全体に広がっている。

シティグループ(C.N)やバンク・オブ・アメリカ(BAC.N)などエネルギー業界向けのエクスポージャーが大きい米金融大手は既に巨額の引当金計上を発表しているが、こうした問題は北米に限らないようだ。

SYZアセット・マネジメントのファンドマネジャー、マイケル・ペドロニ氏は「投資家の懸念の矛先は欧州に転じた」と話す。その上で、痛みを伴う問題だろうが、まだ見通しは限られるものの乗り切り可能に見受けられるとした。

欧州の銀行は既にマイナス金利などほかにも不安材料を抱えており、投資家は大規模な融資の返済期限を注視している。原油は価格低迷が続き、石油会社の信用力も悪化する恐れがある。

BNPパリバのストラテジストによると、欧州の銀行のエネルギーセクター向け融資は総額4000億ユーロ(4450億ドル)。このうち20%が高利回り融資で、債務不履行により60億ユーロの損失が発生しかねない。

債務保証コスト上昇のため銀行はローン債権で減損処理を余儀なくされ、貸倒引当金を積み増す可能性もあるという。

欧州の銀行株指数は年初来で20%下落し、市場全体の2倍の落ち込みとなっている。

モルガン・スタンレーは欧州の銀行株の下落について「エネルギーとコモディティの組み合わせによるリスクを反映している」と分析。原油安で自己資本比率が175ベーシスポイント(bp)低下する恐れがある金融機関としてスタンダード・チャータード(STAN.L)、DNB(DNB.OL)、クレディ・アグリコル(CAGR.PA)、ナティクシス(CNAT.PA)、ING、ABN(ABNd.AS)を挙げた。

原油安で低インフレへの懸念が強まり、欧州中央銀行(ECB)が利下げに動いたため、銀行の利幅は一層圧迫されている。

アシュバートンのベロニカ・ペシュレーナー氏らファンドマネジャーの中には、石油セクターへのエクスポージャーにばかりに目を向けると欧州の銀行の状態の悪さの一部しか取り上げないことになるとの声もある。ただ、こうした主張のファンドマネジャーも銀行がエネルギー関連のエクスポージャーの情報開示を進めることは歓迎している。

アナリストなどによると、欧州の銀行は米銀に比べて引当金の開示がお粗末だ。

一方、欧州銀の打撃の程度が顕在化するのには時間が掛かりそうだ。

バーンスタインのアナリストらは、高利回りの融資の返済がピークを迎えるのは2017年の第2・四半期と第4・四半期の110億ドル強で、今年第2・四半期は80億ドルと推計。欧州と英国の銀行がエネルギー産業向け高利回り融資で被る損失はそれぞれ130億ドル、50億ドルとみている。

(Danilo Masoni and Alistair Smout記者)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below