for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州市場サマリー(26日)

[26日 ロイター] - <ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。資源株やディフェンシブ銘柄の上昇が相場を支えた。

石油大手のシェル、BPはそれぞれ2.4%、2.9%上昇。FTSE350種鉱業株指数は2.46%上げた。スイスの商品取引・資源大手グレンコアが3.4%上昇と好調。バークレイズによる目標株価の引き上げが好感された。

ディフェンシブ銘柄のブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)、酒造大手のディアジオ、英製薬のアストラゼネカ、英日用品のユニリーバは0.6─1.0%上げた。

ただ、中国の厳しい新型コロナウイルス対策で高まった世界経済の減速懸念や、中央銀行による積極的な金融引き締め観測を背景にした売り注文も出たため相場の上げ幅は限られた。

ノルデア・アセット・マネジメントのシニアマクロストラテジスト、セバスチャン・ガリー氏は「市場は足掛かりを探そうとしており、中国のロックダウン(都市封鎖)を織り込もうとしている」とし、「確かに押し目買いだと言うことはできるかもしれないが、それは確実性なしに行われている。特に、欧州の株価はかなり安い」と述べた。

中型株で構成するFTSE250種指数は0.52%安。一般消費財株が下げたことが相場の重しとなった。

衣料品・食品大手のアソシエーテッド・ブリティッシュ・フーズ(ABフーズ)は5.0%下落。食品事業の利ざやについて警告したことや、傘下の衣料品事業プライマークが深刻なインフレ圧力を受けて値上げをする予定だと発表したのが嫌気された。

<欧州株式市場> 3営業日続落して取引を終えた。STOXX欧州600種テクノロジー株指数が2.25%下落し、7週間ぶりの安値を付けた。銀行株指数は2.25%安。

スイスの金融大手UBSが0.09%、デンマークの海運大手APモラー・マースクが3.17%それぞれ上昇し、好決算が好感された。

オンライン取引プラットフォーム、IGのチーフマーケットアナリスト、クリス・ボーシャン氏は「投資家は先週末に主流だったテーマ、経済成長を懸念している」とし、「一方で今週発表される大手ハイテク企業の決算に神経をとがらせている」との見方を示した。

資源株指数は1.13%、石油・ガス株指数は0.92%それぞれ上げた。

銀行銘柄では、欧州最大の銀行HSBCは5.5%下落。今年は一段の自社株買いを実施する可能性は低いと発表したのが嫌気された。

今後数日間にわたり、スイスの金融大手クレディ・スイスや英銀大手のバークレイズ、ドイツ銀行といった欧州の銀行の決算報告が予定されている。

一方、投資家の関心は来週開かれる米連邦準備理事会(FRB)の連邦公開市場委員会(FOMC)と、欧州中央銀行(ECB)当局者の発言に集まった。ECB理事会メンバーのカザークス・ラトビア中銀総裁はロイターに対し、ECBは利上げを近く始めるべきで、年内に最大3回の利上げの余地があると語った。

金融市場では、ECBが年内に80ベーシスポイント(bp)超利上げすることを織り込んでいる。

<ユーロ圏債券> 独連邦債利回りがやや低下した。ただ、中国の新型コロナウイルス抑制策強化の世界経済への影響が懸念される中、このほど付けた高水準近辺にとどまっている。

独10年債利回りは1.5ベーシスポイント(bp)低下の0.828%。前日は0.974%と、2015年6月以来の高水準を付けていた。

市場は来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)をにらみながら、欧州中央銀行(ECB)当局者の発言に注目。ECB理事会メンバーのカザークス・ラトビア中銀総裁はこの日、利上げについて、早期に実施する必要があり、年内に最大3回行う余地があるとの見方を示した。これに先立ちECBのラガルド総裁は先週、ECBは年内に利上げを実施する可能性が高いと述べていた。

UBSの債券ストラテジスト、ロハン・カンナ氏は「ラガルド総裁は全般的に、データに依存し、段階的に進めるアプローチを維持しており、(利上げに関する市場の期待に)明確に反論していない」と指摘。「インフレ率が8%にあるときに、ECBが4回の会合で3回の利上げを決定した場合、これが段階的と見なされるかは分からない」と述べた。

市場では、ECBは年末までに80bpを超える利上げを実施するとの見方が織り込まれている。

イタリア10年債利回りは2bp低下の2.55%。

イタリアとドイツの10年債利回り格差は1bp拡大の172bp。

フランスとドイツの10年債利回り格差も1bp拡大の48bp。シティのアナリストは、フランスのマクロン大統領が続投を決めたものの、6月に議会選挙を控え「政治的な先行き不透明感は払拭されていない」としている。

<為替> 欧州終盤 アジア市場終盤 コード

ユーロ/ドル    1.0657 1.0674

ドル/円 127.35 127.88

ユーロ/円 135.76 136.52

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード

STOXX欧州600種 441.10 -4.01 -0.90 445.11

FTSEユーロファースト300種 1725.44 -14.85 -0.85 1740.29

ユーロSTOXX50種 3721.36 -36.23 -0.96 3757.59

FTSE100種 7386.19 +5.65 +0.08 7380.54

クセトラDAX 13756.40 -167.77 -1.20 13924.17

CAC40種 6414.57 -34.81 -0.54 6449.38

<金現物> 午後 コード

値決め 1895

<金利・債券>

米東部時間13時22分

*先物 清算値 前日比 前営業日終盤 コード

3カ月物ユーロ 100.38 +0.01 100.37

独連邦債2年物 110.44 +0.07 110.37

独連邦債5年物 127.92 +0.24 127.68

独連邦債10年物 155.48 +0.59 154.89

独連邦債30年物 176.04 +1.78 174.26

*現物利回り 現在値 前日比 前営業日終盤 コード

独連邦債2年物 0.154 -0.017 0.151

独連邦債5年物 0.574 -0.034 0.599

独連邦債10年物 0.834 -0.040 0.847

独連邦債30年物 0.974 -0.044 0.996

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up