May 11, 2018 / 6:18 PM / 14 days ago

欧州市場サマリー(11日)

[11日 ロイター] - <ロンドン株式市場> 続伸。合併・買収(M&A)の動きが材料視された。

FTSE100種は7週連続で伸びた。その期間は2015年6月以来の長さだ。

不動産ウェブサイトを経営するズープラやプライムロケーションの親会社である中型株のZPG(ZPG.L)は30.6%急騰し、過去最高値をつけた。米プライベートエクイティ会社シルバーレイク・マネジメントから1株当たり490ペンスでの買収提案を受けた。評価額は22億ポンド(30億ドル)だ。ZPGは490ペンスで取引されており、入札価格と一致している。

<欧州株式市場> 反発。決算やM&Aが好材料となった。

STOXX欧州600種指数は週間ベースで7週連続で伸びた。その期間は2015年3月以来の長さだ。

英中型株ZPGの最大株主である英紙デーリー・メールの親会社デーリー・メール・アンド・ジェネラル・トラスト(DMGT)(DMGOa.L)は1.3%上昇した。米プライベートエクイティ会社シルバーレイク・マネジメントが不動産ウェブサイトを経営するズープラやプライムロケーションの親会社であるZPG(ZPG.L)を22億ポンドで買収することで合意した。ZPGは30.6%急騰した。

STOXX欧州600種資源株指数.SXPPは1.78%上昇し、部門別で最も大幅に伸びた。世界最大の鉄鋼メーカー、アルセロール・ミタル(MT.AS)が2.3%高となったことが全体を押し上げた。アルセロール・ミタルは第1・四半期の利益が市場予想を上回ったほか、18年について前向きな見通しを示した。

<ユーロ圏債券> イタリア国債が買われた。今週利回りが急上昇したことを受け安値拾いの買いが入ったほか、極右政党「同盟」がユーロ圏離脱を優先しない姿勢と伝わり、投資家不安が和らいだ。

イタリア10年債利回りIT10YT=RRは週間で2月以来の大幅上昇となる勢い。ただ、この日は5ベーシスポイント(bp)下げて1.88%。

大衆迎合主義(ポピュリズム)政党の「五つ星運動」関係筋がロイターの取材に、新政権は「理性を持ち合理的な」体制になるとの見方を示した。

同盟の幹部議員は、ユーロ圏からの離脱は同党にとって優先課題の1つではないと述べた。

10年物のスペインとポルトガル国債利回りES10YT=RR PT10YT=RR はそれぞれ2─3bp低下した。「周辺国」債券は今週、イタリア政局不安で圧迫されたが、週末により格付けの高い国の債券をアウトパフォームした。

アナリストらによると、イタリア国債入札も順調で、地合い改善につながったという。

南欧以外では、域内大半の国債利回りがやや上昇し、ドイツ10年債利回りDE10YT=RRは1bp上がって0.56%。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below