February 23, 2018 / 1:10 AM / 10 months ago

サッカー=欧州リーグ、マルセイユ16強入り 酒井宏はフル出場

 2月22日、サッカーの欧州リーグは、酒井宏樹(写真右)が所属のマルセイユ(フランス)が敵地でブラガ(ポルトガル)に0─1で敗れたが、2戦合計3─1で勝ち上がった(2018年 ロイター/Miguel Vidal)

[ベルン 22日 ロイター] - サッカーの欧州リーグ(EL)は22日、各地で決勝トーナメント1回戦の第2戦を行い、酒井宏樹が所属のマルセイユ(フランス)は敵地でブラガ(ポルトガル)に0─1で敗れたが、2戦合計3─1で勝ち上がった。

マルセイユは前半31分に失点し、そのまま敗れた。しかし、第1戦を3─0の完勝で終えていたため、2戦合計で勝利。酒井宏はフル出場した。

南野拓実が所属するザルツブルク(オーストリア)はホームでレアル・ソシエダ(スペイン)に2─1で勝利。2戦合計4─3で突破を決めた。ザルツブルクは前半10分に先制すると、同28分に1点を返されたが、後半29分のPKを沈めて1点リードのまま逃げ切った。南野はベンチ入りしたが出番はなかった。

香川真司所属のドルトムント(ドイツ)は敵地でアタランタ(イタリア)と1─1の引き分け。2戦合計4─3で勝ち上がりを決めた。香川は登録メンバーに入らなかった。

そのほか、アーセナル(イングランド)、ACミラン(イタリア)、アトレチコ・マドリード(スペイン)なども勝ち上がった。ナポリ(イタリア)はライプチヒ(ドイツ)と2戦合計3─3で引き分けたが、アウェーゴール数の差で敗退となった。

ベスト16の組み合わせは23日に決まる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below