May 10, 2019 / 12:41 AM / 4 months ago

サッカー=長谷部フル出場も、フランクフルトEL準決勝敗退

 5月9日、サッカーのEL準決勝第2戦、長谷部誠(左から2番目)の所属するアイントラハト・フランクフルトは敵地でPK戦の末にチェルシーに敗れた(2019年 ロイター/Hannah Mckay)

[バレンシア(スペイン) 9日 ロイター] - サッカーの欧州リーグ(EL)は9日、各地で準決勝第2戦の2試合を行い、長谷部誠の所属するアイントラハト・フランクフルト(ドイツ)は敵地でPK戦の末にチェルシー(イングランド)に敗れた。

初戦を1─1のドローで終えていたフランクフルトは、前半にルベン・ロフタスチークに先制点を許したが、後半にルカ・ヨビッチが同点ゴール決めた。試合は1─1のまま延長戦でも決着がつかず2戦合計2─2となりPK戦に突入した。

両チームそれぞれ3人が成功させて迎えた5巡目でゴンサロ・パシエンシアが相手GKにセーブされ、エデン・アザールが決めたためにチェルシーが決勝進出を決めた。長谷部はフル出場。

もう1試合では、アーセナル(イングランド)が敵地でバレンシア(スペイン)を4─2で下し、2戦合計7─3の大勝で決勝に進んだ。ピエール・エメリク・オバメヤンがハットトリックを達成、アレクサンドル・ラカゼットもゴールを決めた。

今季、欧州チャンピオンズリーグ(CL)ではリバプールとトットナムが決勝進出を決めており、CLとELの決勝はともにイングランド・プレミアリーグ勢対決に。両大会の決勝で対戦するチームがすべて同じリーグ所属となるのは史上初。

EL決勝は今月29日にアゼルバイジャンのバクーで、CL決勝は6月1日にスペインのマドリードで行われる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below