Reuters logo
欧州市場サマリー(20日)
2017年10月20日 / 20:30 / 1ヶ月前

欧州市場サマリー(20日)

[20日 ロイター] - <為替> ドルが上昇。米上院が前日、18年度予算の大枠となる予算決議案を可決し、上院の過半数を握る共和党が単独で税制法案を通過させる環境が整ったことで、投資家のリスク選好が高まった。ドル/円JPY=は113.46円と3カ月ぶり高値をつけた。

外為市場:[USD/J]

<ロンドン株式市場> ほぼ横ばいで取引を終えた。英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)交渉が進展するとの期待でポンドが上昇し、国際的に事業を展開する銘柄が多いFT100種の重しとなった。一方、米国で大幅減税を柱とする税制改革の実現に進展があったことから、恩恵を受けるとみられている金融株が値を上げた。

今週軟調な決算を発表した日用品のユニリーバ(ULVR.L)とレキット・ベンキーザー(RB.L)は3.2%と2.7%それぞれ下落した。一方、金融のスタンダード・チャータード(STAN.L)と保険大手RSA(RSA.L)は3.1%と2.4%それぞれ値上がりした。金融株の追い風となるとの期待がある米国の減税法案通過に必要とみなされる予算決議案を米議会上院が可決したことが材料視された。

ロンドン株式市場:[.LJP]

<欧州株式市場> 反発して取引を終えた。決算が好感された銘柄が買われたほか、金融やテクノロジー株も値を上げた。

スウェーデンの通信機器大手エリクソン(ERICb.ST)は8.0%上昇。決算発表で事業再編の措置によって業績改善の兆しがみられたと発言したことが好感された。スウェーデンのトラック大手ボルボ(VOLVb.ST)は7.0%上昇し、過去最高値をつけた。第3・四半期決算が市場予想を上回った。

STOXX欧州600種銀行株指数.SX7Pは1.18%、テクノロジー株指数.SX8Pは0.63%上昇した。米国で、議会上院が予算決議案を可決し、税制改革の実現に前進したことから、景気循環株も買われた。化学株指数.SX4Pは0.56%、資源株指数.SXPPは0.39%上昇した。 

欧州株式市場:[.FJ]

<ユーロ圏債券>国債利回りが3━6ベーシスポイント(bp)上昇した。

米上院の予算決議案可決を受け、トランプ政権が掲げる減税などによる経済押し上げと物価上昇を意識した「トランプフレーション相場」観測が再燃して米国債利回りが上昇、欧州債券市場も追随した。

ドイツ10年債利回りDE10YT=TWEBが一時、6bp強上昇して0.46%前後と、1週間ぶり高水準をつけた。1日の上げでは5週間強ぶりの大きさとなる勢いだ。米10年債利回りUS10YT=RRは2.39%前後と、2週間ぶり水準に急上昇する場面があった。

オーストリア中央銀行のノボトニー総裁は、ECBが来週に資産買い入れの縮小を決定する可能性が高いとの見方を表明。ただ「急ブレーキを踏むのは危険」とも述べた。米国US2YT=RRとドイツの2年債利回り格差は約17年ぶりの高水準付近で推移した。

ユーロ圏金融・債券市場:[DE/BJ]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below