Reuters logo
欧州市場サマリー(7日)
2017年11月7日 / 22:03 / 15日後

欧州市場サマリー(7日)

[7日 ロイター] - <為替> ドルが主要6通貨バスケットに対し上昇。欧米金融政策の乖離が今後も継続するとの見方が再燃する中、ドルの買い戻しが入った。

ドル指数.DXYは0.35%上昇し95.091と、前月終盤につけた約3カ月ぶり高水準に迫った。ユーロ/ドルEUR=は0.31%安で推移。一時、7月20日以来の安値をつけた。

<ロンドン株式市場> 下落して取引を終えた。英ポンド安や原油相場の高水準は株価を支える材料だったが、決算発表が嫌気された世界最大のセキュリティー会社G4S(GFS.L)や衣料品・食品大手のアソシエーテッド・ブリティッシュ・フーズ(ABフーズ)(ABF.L)が売られ全体水準を押し下げた。

G4Sは4.7%安だった。2017年の収益見通しを引き下げたことが売り材料だった。衣料品チェーン「プリマーク」や大手スーパーマーケット、農業事業を経営するABフーズは3.7%下落。最高経営責任者(CEO)が2017-2018年に砂糖事業の利益が減るとの見通しを示したことが嫌気された。欧州連合(EU)における砂糖の値下がりを理由として挙げた。

一方、ブックメーカー(賭け屋)のウィリアム・ヒル(WMH.L)は4.3%上昇した。バンク・オブ・アメリカ・メリル・リンチ(BAML)が投資判断を「アンダーパフォーム」から「買い」へ2段階引き上げたことが好感された。

<欧州株式市場> 反落して取引を終えた。ディフェンシブ銘柄や決算が嫌気された銘柄が値を下げた。ドル高/ユーロ安に伴い、輸出銘柄が多いドイツのクセトラDAX指数.GDAXIは取引時間中に過去最高値を更新したが、その後は0.66%低下して取引を終えた。

ヘルスケアや生活必需品が大きく値を下げた。STOXX欧州600種ヘルスケア指数.SXDPは0.91%低下。スイスの食品大手ネスレ(NESN.S)やビール世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)(ABI.BR)なども相場の重しとなった。こうした部門はドルの値動きに左右されやすい。この日ドルは上昇した。

ドイツの自動車大手BMW(BMWG.DE)は2.8%下落。第3・四半期利益が5.9%減と市場予想の下限近くとなった。新しい技術や新車モデルの初期費用を反映した。ドイツの半導体メーカー、ダイアログ・セミコンダクター(DLGS.DE)は5.7%下落。第4・四半期の慎重な業績見通しが不安視された。

<ユーロ圏債券> 南欧国債の利回りが低下。欧州中央銀行(ECB)が今後も多額の買い支えを行うとの見方が強まった。

ポルトガル10年債利回りPT10YT=TWEBは10ベーシスポイント(bp)低下し、2015年4月以来の2%割れとなった。イタリア10年債利回りIT10YT=TWEBは7bp低下し1.70%と、昨年11月中旬以来の低水準。ドイツ10年債利回りDE10YT=TWEBも0.32%と2カ月ぶりの低水準をつけた。

イタリア国債とドイツ国債の利回り格差は138bpと、昨年10月以来の水準に縮小した。他のユーロ圏国債利回りも1-5bp低下した。

ECBが前日発表したデータによると、保有債の償還資金再投資に伴う資金フローは月額400億ユーロ近く、11月から1年間の償還額は平均で月額108億ユーロになる見通し。INGのストラテジストは、量的緩和(QE)が延長されたことで、資金フローだけみても410億ユーロの9倍(=3690億ユーロ)程度の規模となる、と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below