Reuters logo
欧州市場サマリー(27日)
December 27, 2017 / 8:26 PM / 19 days ago

欧州市場サマリー(27日)

[27日 ロイター] - <ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。前週につけた過去最高値を更新。一次産品銘柄が買われた。中型株では買収提案を受けたレンタルオフィスのIWG(IWG.L)が大幅高となった。

鉱業のリオ・ティント(RIO.L)とBHPビリトン(BLT.L)、グレンコア(GLEN.L)は1.4%から2.1%上昇し、FT100種の最大の押し上げ要因となった。中国の底堅い経済見通しを背景に金属価格が3年半ぶりの高値水準を推移していることが買い材料となった。

原油高を背景に石油・ガス生産のタロー・オイル(TLW.L)は2.4%上昇。米WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)CLc1は、2015年半ば以来となる1バレル=60ドル台をつけた。石油大手のロイヤル・ダッチ・シェル(RDSa.L)は0.4%高だった。原油高のほか、最近成立した米税制改革法が事業に好影響をもたらすとの評価が好感された。

IWGはカナダのプライベートエクィティー、オネックス(ONEX.TO)とブルックフィールド・アセット・マネジメント(BAMa.TO)から全額キャッシュでの買収打診を受けたと発表し、株価が27.1%急騰。海外投資家が英国の中型企業に買収を持ちかけた最新の動きだ。ポンドの下落によって栄企業の買収価格が割安となっている。またIWGは10月に、利益見通しを引き下げ株価が7%下落した。買収を検討している企業にとって、より魅力的な買値となった。今年の値下がり幅は22日の取引終了時で18%だった。IWGが追い風となり中型株で構成するFTSE250種.FTMCも過去最高値をつけた。

ロンドン株式市場:[.LJP]

<欧州株式市場> まちまちで取引を終えた。米アップル(AAPL.O)の新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)X(テン)」の需要が予想ほど高くないとの報道を受け、ハイテク銘柄が急落した。一方、鉱業や石油株は買われた。

まだ休暇中の投資家も多い中、この日は薄商いで値動きは限られた。

STOXX欧州600種テクノロジー株指数.SX8Pは0.25%低下。一時は約1.1%安となる局面もあった。各証券会社はiPhoneXの販売が予想を下回るとし、出荷見通しを引き下げた。これを受けアジアの株式市場でアップル向けサプライヤー株が下落。欧州株式市場でも同様の銘柄が安かった。欧州のハイテク銘柄で今年最も好調なオーストリアの半導体メーカーAMS(AMS.S)は7.8%安となった。ドイツの同業、ダイアログ・セミコンダクター(DLGS.DE)は1.2%下落した。

投資家らは、ハイテク銘柄が世界的に値下がりしていることについて、利益確定売りも一因だと指摘する。同部門は今年約21%値を上げており、他の部門の上昇幅を圧倒的に超えている。

一方、鉱業株は買われた。中国の好調な成長見通しに伴い金属価格が3年半ぶりの高値をつけたことが材料視された。グレンコア(GLEN.L)とランドゴールド・リソーシズ(RRS.L)、アングロ・アメリカン(AAL.L)がこの日の最大の押し上げ要因だった。

また原油価格が2015年以来の高値圏を維持したことを背景に石油大手でフランスのトタル(TOTF.PA)と英オランダ系ロイヤル・ダッチ・シェル(RDSa.L)が0.1%と0.4%それぞれ値を上げた。

欧州株式市場:[.FJ]

<ユーロ圏債券> 米国債の利回り曲線が一段とフラット化するなか、ドイツ短期債利回りが2カ月半ぶりの高水準をつけた。

償還期間が同等の米国債利回りはオーバーナイトの取引で、2008年以来の水準に上昇していた。

DZ銀行のストラテジストは、ドイツ国債の利回り曲線が幾分フラット化しているのは、米国の動きや欧州中央銀行(ECB)の2019年半ばの利上げ観測が一部にあることが背景と指摘した。

    その上で、ドイツ2年債利回りが再び低水準をつけることはないとの見方から、利回りが幾分正常化する中、一部に利益確定売りが出やすい状況と分析した。

    ドイツ2年債利回りDE2YT=TWEBは2ベーシスポイント(bp)上昇してマイナス0.668%。トレードウェブのデータによると、10月2日以来の高水準を記録した。

    ドイツの2年債と10年債DE10YT=TWEBの利回り差は108bpに縮小した。

    フランス2年債利回りFR2YT=TWEBは2bp上昇してマイナス0.514%と、7月以来の高水準付近だ。

    高格付けを得た域内10年債利回りは大半が低下して清算した。スペイン・カタルーニャ自治州の議会選挙で、独立派が過半数議席を確保したことを受け、リスク回避ムードが広がっている。

    域内債券の利回りは大半が0━1bp低下、ドイツ10年債利回りも0.41%に下がった。

    ただイタリア10年債利回りIT10YT=TWEBは4bp上昇して1.9%と、2カ月ぶりの高水準付近だった。イタリアは28日、最大70億ユーロの国債入札を予定する。

    ユーロ圏金融・債券市場:[DE/BJ]

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below