January 18, 2018 / 8:36 PM / 4 months ago

欧州市場サマリー(18日)

[18日 ロイター] - <ロンドン株式市場> 続落。公益株が売られたほか、砂糖事業の業績見通しが嫌気された衣料、食品のアソシエーテッド・ブリティッシュ・フーズ(ABF.L)が大幅に落ち込んだ。

英国のクレア・ペリー気候変動・産業大臣が議会の委員会に対して、何百万もの世帯を対象に電気やガス料金の上限を設ける法案を夏までに通したい意向を示したことが材料視され公益株が値下がりした。

エネルギー供給大手のスコティッシュ・アンド・サザン・エナジー(SSE)(SSE.L)は配当落ちも売り材料となり、3.1%安となった。そのほか送電のナショナル・グリッド(NG.L)は1.5%、国内最大のエネルギー供給会社セントリカ(CNA.L)は1.0%値を下げた。

アソシエーテッド・ブリティッシュ・フーズは3.6%下落し、FT100種で最も大幅に落ち込んだ。通期の利益見通しは維持したものの、砂糖事業の収益と利益がこれまでの予想よりも大幅に落ち込むとの見方を示したことが嫌気された。欧州連合(EU)における砂糖価格が下がることが要因と指摘した。

ロンドン株式市場:[.LJP]

<欧州株式市場> 小幅に反発。景気循環株が買われたほか、決算や投資判断の引き上げが好材料となった。

スイスの衛生機器大手ゲベリット(GEBN.S)は6.5%上昇した。2017年の売り上げが3.5%増となったことが好感された。

フランスの小売り大手カルフール(CARR.PA)3.0%高だった。トレーダーらは、17年第4・四半期の売り上げが市場予想を上回ったことが、利益見通しの引き下げによる悪影響を相殺したと述べる。

ドイツの半導体メーカー、インフィニオン(IFXGn.DE)は5.6%上昇。ゴールドマン・サックスが投資判断を引き上げたことが好感された。またソシエテ・ジェネラルはこの日、インフィニオンの投資判断を開始し「買い」とした。

STOXX欧州600種テクノロジー株指数.SX8Pは1.41%上昇し、部門別で最も好調だった。個別銘柄ではイタリアの半導体メーカー、STマイクロ(STM.MI)が3.8%高となった。

欧州株式市場:[.FJ]

<ユーロ圏債券> 国債利回りが上昇。米国債利回りの上昇につられたほか、フランス、スペイン、オーストリアの国債売却が圧迫要因となった。

欧州時間に米10年債US10YT=RR利回りは2.61%と、2017年3月以来の高水準をつけた。米連邦準備理事会(FRB)が今年も金融政策の引き締めを継続するとの見方が根強い。米2年債US2YT=RR利回りは前日、約10年ぶり水準に上昇した。

ドイツ10年債利回りDE10YT=TWEBは2ベーシスポイント(bp)上昇し0.51%と、約5カ月半ぶり高水準に迫った。他の域内国債利回りはも1-2bp上昇した。

入札関連では、オーストリアが10年債40億ユーロを売却する見通し。フランスは短期債75億ユーロを売却。スペインは41億ユーロの国債を売却した。入札後、10年物のスペイン国債とドイツ国債の利回り格差は96bpに縮小し、8月以来の低水準となった。

ユーロ圏金融・債券市場:[DE/BJ]

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below