August 5, 2019 / 7:42 PM / 17 days ago

欧州市場サマリー(5日)

[5日 ロイター] - <ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。米中貿易摩擦の高まりを受けて世界的に株価が下がっている。

トランプ米大統領が前週、3000億ドル規模の中国製品に10%の関税を課す方針を示し、中国は報復措置を取るとしている。

CMCマーケッツのアナリスト、デービッド・マデン氏は 「中国が米国に打撃を与えるとの見方が出ており、両国の対立がしばらく続くとの不安が広がっている」とした。

共同出資会社を立ち上げた小売り大手マークス・アンド・スペンサー(M&S)(MKS.L)とオンラインスーパー大手オカド(OCDO.L)は5.1%と4.6%それぞれ下落した。オカドとスーパーのウェイトローズの提携関係が終わることとなる。

一方、金が安全資産として買われ6年超ぶりの高値をつけるとともに、金・銀生産のフレスニロ(FRES.L)は4.7%上昇した。FTSE100種で唯一値を上げた銘柄だった。

FTSEAIM指数ではホテル経営のイージーホテル(EZH.L)が33.3%急騰した。取締役会が不動産ファンドのコンソーシアム(企業連合)による1株95ペンスの買収提案を受けるように推奨したことが材料視された。

<欧州株式市場> 2カ月ぶりの安値に続落して取引を終えた。米中貿易摩擦への不安から世界的に株が売り込まれた。人民元が10年超ぶりの安値をつけ、通商政策に左右されやすい鉱業や高級ブランド、テクノロジー銘柄の値下がりが目立った。

中国当局が自国の輸出に有利な元安を容認し、人民元は1ドル=7元を下回った。世界最大の金属消費国である中国にとって銅や鉄鋼が割高となり、資源大手のリオ・ティント(RIO.L)とBHP(BHPB.L)はともに2%超値下がりした。欧州の鉄鋼大手アルセロール・ミタル(MT.AS)は4.4%安だった。STOXX欧州600種資源株指数.SXPPは2.89%低下し、7カ月ぶりの安値をつけた。

元安は、トランプ米大統領が中国製品に新たな関税を課すとしたことを受け、中国が引き下がる意向がないことを示していると捉えられ、米中貿易摩擦が悪化するとの不安が広がった。トランプ氏は元安について「為替操作だ」「重大な違反だ」としている。

中国での収益が大きいスイスの時計大手スウォッチ・グループ(UHR.S)とフランスの高級ブランドLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)(LVMH.PA)、スイスの同業リシュモン(CFR.S)は3.9%から6.7%下落した。

テクノロジー株ではドイツのソフトウエア大手SAP(SAPG.DE)が2.9%安だった。半導体メーカーのAMS(AMS.S)とインフィニオン・テクノロジーズ(IFXGn.DE)、STマイクロエレクトロニクス(STM.MI)も値を下げた。

アジアへのエクスポージャーが高い金融大手HSBC(HSBA.L)は3.0%下落した。ジョン・フリント最高経営責任者(CEO)の退任発表が材料視された。米事業の再生などを迅速に進めるための決断だったという。

一方、ドイツの産業ガス大手リンデ(LIN.N)は2.5%上昇した。四半期決算が市場予想を上回ったほか、今年2度目となる通期業績見通しの引き上げが好感された。

<ユーロ圏債券> オランダ30年債利回りとアイルランド10年債利回りが初めてマイナス圏となった。米中貿易摩擦の激化や通貨安競争への不安感、合意なき英欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)への懸念などを背景に域内債券利回りは低下した。

トランプ米大統領による対中追加関税が市場のサプライズとなり、中国人民元が1.4%下落。中国は5日、1ドル=7元を超える元安を容認した。

ユーロ圏の域内債券利回りは前週末に続き低下。

オランダ30年債利回りNL30YT=RRはマイナス0.053%と過去最低を更新。すべての年限で初めてマイナス圏に突入した。

前週末2日にすべての年限で初めてマイナス圏入りしたドイツ国債利回りも一段と低下。30年債利回りはマイナス0.066%と過去最低を更新。10年債利回りDE10YT=RRは2.5ベーシスポイント(bp)低下のマイナス0.52%となった。

コメルツ銀行の金利ストラテジスト、ライナー・ギュンターマン氏は「1ドル=7元を超える元安が世界の債券市場でのリスクオフ拡大のきっかけとなり、安全資産である債券利回りの継続的な低下の背景となっている」と述べた。

アイルランド10年債利回りIE10YT=RRもマイナス0.005%とマイナス圏入り。投資家はブレグジットから世界的な懸念に視点を移している。

軟調な経済指標が中銀の緩和政策の追い風となり、米英債券利回りを押し下げた。

米供給管理協会(ISM)が5日発表した7月の非製造業総合指数(NMI)は53.7と、前月の55.1から低下し、3年ぶりの低水準。IHSマークイットが発表した7月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)改定値は51.5で、前月の52.2から低下した。

周辺国債券利回りも低下。イタリアやスペインの30年債利回りIT30YT=RRES30YT=RRは政治面での不透明感があるにも関わらず、3─4bp低下した。

<為替> 欧州終盤 アジア市場終盤 コード

ユーロ/ドル    1.1195 1.1128 EUR=

ドル/円 106.03 105.93 JPY=

ユーロ/円 118.71 117.90 EURJPY=

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード

STOXX欧州600種 369.43 -8.72 -2.31 378.15

FTSEユーロファースト300種 1454.32 -34.86 -2.34 1489.18 .FTEU3

DJユーロSTOXX50種 3310.93 -65.19 -1.93 3376.12 .STOXX50E

FTSE100種 7223.85 -183.21 -2.47 7407.06 .FTSE

クセトラDAX 11658.51 -213.93 -1.80 11872.44 .GDAXI

CAC40種 5241.55 -117.45 -2.19 5359.00 .FCHI

<金現物> 午後 コード

値決め 1465.25 <GOLD/EU1

>

<金利・債券>

米東部時間14時50分

*先物 清算値 前日比 前営業日終盤 コード

3カ月物ユーロ 100.41 +0.01 100.40 FEIc1

独連邦債2年物 112.39 +0.06 112.33 FGBSc1

独連邦債5年物 135.22 +0.15 135.07 FGBMc1

独連邦債10年物 176.22 +0.40 175.82 FGBLc1

独連邦債30年物 214.76 +1.44 213.32 FGBXc1

*現物利回り 現在値 前日比 前営業日終盤 コード

独連邦債2年物 -0.819 -0.029 -0.780 DE2YT=RR

独連邦債5年物 -0.798 -0.025 -0.761 DE5YT=RR

独連邦債10年物 -0.522 -0.027 -0.525 DE10YT=RR

独連邦債30年物 -0.027 -0.034 0.024 DE30YT=RR

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below