May 8, 2018 / 6:18 PM / 13 days ago

欧州市場サマリー(8日)

[8日 ロイター] - <ロンドン株式市場> 横ばい。合併・買収(M&A)が主な材料だった。

アイルランド製薬大手シャイアー(SHP.L)は4.6%上昇した。武田薬品工業(4502.T)がシャイアーを453億ポンドで買収することで合意した。武田薬品はシャイアーの取締役会が株主に賛成票を投じるように推奨することに向けて買収額を前回の提案から引き上げた。

中型株でもM&Aの動きがあった。銀行のヴァージン・マネー(VM.L)は9.9%上昇。同業のCYBG(CYBGC.L)がヴァージン・マネーの全株を16億ポンドで買収する提案を出した。CYBGも1.1%高となった。

一方、放送局スカイ(SKYB.L)は1.6%下落した。米ケーブルテレビ最大手コムキャスト(CMCSA.O)が欧州委員会にスカイを買収する意向を正式に伝えたとの関係筋の話が材料視された。

<欧州株式市場> 小幅続伸。決算や合併・買収(M&A)が材料視された。

イタリアの主要株価FTSE・MIB指数.FTMIBは1.64%低下。イタリアのマッタレッラ大統領は7日、いずれの政党も過半数を得られていないことを指摘し、暫定的な「中立政権」の樹立を訴えた。それができない場合、今夏にも再選挙を行う方針を示した。極右政党「同盟」と反体制派政党「五つ星運動」の2大政党は中立政権に反対しており、総選挙の可能性は高まっている。

決算も材料視された。需要の減少に伴い売り上げが減るとの見通しを示した補聴器メーカーのウィリアム・デマント・ホールディングス(WDH.CO)は9.5%下落。

ドイツの郵便・物流大手ドイツポストDHLグループ(DPWGn.DE)は7.0%下落した。第1・四半期利益が予想を下回った。

同じく四半期利益が予想に届かなかった世界最大の人材派遣会社であるスイスのアデコ・グループ(ADEN.S)は5.1%安だった。

<ユーロ圏債券> イタリア国債利回りが急伸し、6週間ぶり高水準を付けた。同国で連立政権樹立に向けた交渉が不発に終わり、早期再選挙が実施される可能性が高まったことが材料視されている。他の南欧債利回りも上昇した。

ポピュリズム政党が政権を握れば、年金改革などの財政健全化に向けた一連の措置が撤回され、政府支出や減税策が拡大し、すでに高債務に苦しむ同国の公共財政がさらに悪化する恐れがあるとの懸念が台頭していると、アナリストは指摘する。

イタリア10年債利回りIT10YT=RRは10ベーシスポイント(bp)急伸し、6週間ぶり高水準となる1.867%を付けた。1日の上昇率としては1月初旬以来の高さとなる勢い。

同債と指標独10年債との利回り格差は約132bpと、約3週間ぶりの水準に拡大した。

スペイン10年債ES10YT=RR、ポルトガル10年債PT10YT=RRの利回りも4─5bp上昇した。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below