June 5, 2018 / 8:08 PM / in 2 months

欧州市場サマリー(5日)

[5日 ロイター] -

<ロンドン株式市場> 反落。英政府がロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)の株式を売却したことが重しになったほか、ポンド高が輸出関連株を圧迫した。

RBS(RBS.L)は英政府が25億ポンド分の保有株を売却したことで、5.3%下落した。これが金融セクターに響き、HSBC(HSBA.L)やロイズ・バンキング・グループ(LLOY.L)、バークレイズ(BARC.L)が軒並み売られた。

クルーズ船大手カーニバル(CCL.L)は6.4%下落した。モルガン・スタンレーが、原油高による燃料費の上昇を背景に利益予想を引き下げた。

ブリティッシュ・エアウェイズを傘下に持つインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)(ICAG.L)は3.5%値下がりした。CEOが欧州で続く航空管制官のストライキが経営の脅威になると語ったことが嫌気された。

<欧州株式市場> 反落して取引を終えた。ハイテク株が17年ぶりの高値となったものの、金融株が足を引っ張った。

STOXX欧州600種テクノロジー株指数.SX8Pは1.5%上昇し、2001年6月以来の高値水準となった。米アップルやマイクロソフトの上昇を好感した。

オランダのチップメーカー、ASM(ASMI.AS)は5.8%高だった。クレディ・スイスが投資判断を「アウトパフォーム」とした。プライム・パートナーズの株式アナリスト、ジェローム・シャップ氏は、ソフトウエアのSAP(SAPG.DE)や半導体のインフィニオン・テクノロジーズ(IFXGn.DE)が比較的好調だと述べた。

一方で、イタリアの政局への懸念が去ったわけではない。ジュゼッペ・コンテ新首相が5日、財政支出を拡大すると約束し、市場の動揺を誘った。

イタリアの大手銀行インテーザ・サンパオロ(ISP.MI)やウニクレディト(CRDI.MI)などが下落。STOXX欧州600種銀行株指数.SX7Pは1.7%下がり、セクター別で最大の値下がりとなった。英政府が保有株を売却したロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)(RBS.L)の下落も重しとなった。

<ユーロ圏債券> イタリアのコンテ新首相が所信表明演説で急進的な変革を確約したことを受け、同国の国債利回りが上昇した。

コンテ氏の所信表明演説は、連立政権を発足させた大衆迎合主義(ポピュリズム)政党「五つ星運動」と極右政党「同盟」の施政方針をおおむね反映する内容。ノルデアの首席アナリスト、ヤン・フォン・ゲリッチ氏は「コンテ氏はイタリアの顔となったものの、同氏が五つ星運動と同盟の幹部と協議せずに政策を実施するとは考えられないため、市場では五つ星運動と同盟が提示する計画に注目が集まっている」としている。

みずほのストラテジスト、アントワーヌ・ブーベ氏は「所信表明演説には五つ星運動と同盟の提案が骨抜きにされる兆候を示唆するものはなかったため、イタリア国債に対する重しとなった」と指摘。ただ「予想外のことは何もなかった」とし、「市場が神経質になる中、条件反射的に反応した可能性もある」との見方を示した。

イタリア国債はこれまで4営業日連続で回復。コンテ首相の演説で水を差され、この日は10年債IT10YT=RR利回りが18ベーシスポイント(bp)上昇の2.74%となったほか、2年債IT2YT=RR利回りは1%台に再び乗せた。

イタリア10年債と独10年債との利回り格差は236bpと、前日の213bpから拡大した。

2011年のユーロ圏債務危機時に首相を務めたマリオ・モンティ氏は、イタリアはこのままでは欧州委員会、国際通貨基金(IMF)、欧州中央銀行(ECB)で構成する「トロイカ」の監視下に置かれるリスクがあると警告している。

先行き不透明感が高まった時に買われる傾向のある独連邦債に対する需要は増大し、独10年債DE10YT=RR利回りは4bp低下し0.40%を下回った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below